WiMAXのお試しレンタルTryWiMAXとは?通信制限や返却に注意?

TryWiMAXでお試しレンタル!詳細や注意点は?

 

TryWiMAXというWiMAXのレンタルサービスがあります。WiMAXの契約前にお試しができるサービスなので、これからWiMAXの契約を考えている人にとっては嬉しいサービスですよね♪

 

  • 自分のエリアでもちゃんと繋がるのかな?
  • 速度が遅くなったりしないかな?

 

こういった心配ってあると思います。心配事を抱えたままWiMAXは契約したくないですし、契約してから「失敗した…」というのだけは避けたいですよね。

 

私自身、WiMAXを契約した後に電波が繋がらなくて失敗した経験があります。当時、このTryWiMAXの存在を知っていたら…

 

ではTryWiMAXとはどんなサービスなんでしょうか?注意点などはないのでしょうか?

 

今回の記事ではTryWiMAXのこれらの疑問について詳しく解説していきますので、今回の記事を参考にTryWiMAXの申し込みを検討してみてくださいね!

 

 

 

 

UQ WiMAXのお試しレンタルTryWiMAXとは?

 

TryWiMAXはUQ WiMAXが提供しているWiMAXの無料レンタルサービスです。15日間無料でWiMAXを利用することができます。

 

「本当に無料で使えるの?送料とかはかからないの?」

 

と思うかもしれませんが、本当に無料のサービスです。送料も無料となっています。

 

ただし、15日間を過ぎての返却だったり、端末の紛失や故障などは違約金(約2万円)の対象なので注意してくださいね。詳しくは後述します。

 

 

 

TryWiMAXを利用する前にまずはエリアの確認を

TryWiMAXを利用する前に、まずは自分の住んでいる地域のWiMAXのエリア状況を確認してみましょう。

 

なぜエリア状況の確認が必要なのかと言いますと、エリア状況によってTryWiMAXを利用すべきかどうかが変わるからです。

 

エリア状況の確認は「サービスエリアマップ」のピンポイントエリア判定で行います。

 

 

住所を入力するか選択することで、自分の住んでいる住所のエリア判定をピンポイントでしてくれます。

 

 

例えばこちらの住所では○判定ですね。この場合はWiMAXのエリア内ということになります。ちなみに判定は○△×の3段階です。

 

  • ○ … エリア内
  • △ … エリア内だけど建物や地形によって圏外になる場合も
  • × … エリア外

 

これらエリア判定の結果によって、TryWiMAXを利用するべきかどうかが変わってきます。

 

 

エリア判定が「○」だった場合

エリア判定が○だった場合は、TryWiMAXを利用せずにそのまま各プロバイダーと契約しても問題ありません。

 

各プロバイダーでは初期契約解除という8日以内のキャンセル制度も用意されていますからね。もしもの時も安心して解約ができます。

 

ただ、○判定であっても「繋がらない」「速度が遅い」などのケースもあるようなので、心配な方はTryWiMAXを利用してみてるといいでしょう。

 

ちなみにですが、GMOとくとくBBでは20日以内のキャンセル制度も独自に用意されています。

 

 

GMOとくとくBBではエリア判定が○の場合のみ、このキャンセル制度が使えます。

 

もしGMOとくとくBBをすでに検討しているなら、TryWiMAXは使う必要がないかもしれないですね。

 

 

エリア判定が「△」だった場合

エリア判定が△だった場合は迷わずTryWiMAXを利用しましょう!△判定はWiMAXが使えるかどうか本当に微妙なところですからね(^-^;

 

 

エリア判定が「×」だった場合

エリア判定が×だった場合はWiMAX自体が使えませんので、基本的にTryWiMAXを利用する以前にWiMAXの契約自体を諦めるしかありません。

 

ただ、あなたの住んでいる地域がエリア外であっても、WiMAXを利用したい場所が自宅以外ならTryWiMAXを試してみるのはありです。

 

  • 自宅の外でインターネットを使いたい
  • よく足を運ぶ場所はWiMAXのエリア内

 

こういった場合はTryWiMAXを使ってみるといいでしょう。

 

 

 

TryWiMAXお試しレンタルの7つの注意点

TryWiMAXは本当にありがたいサービスなんですが、注意点もあるので順番に解説していきますね。

 

 

注意点①:15日以内のお試し期間中に返却しないと違約金が発生

 

最初にも簡単に話しましたが、15日以内に端末を返却しないと約2万円の違約金が発生してしまいます。

 

この15日以内というのは「端末の発送~UQ WiMAXで返却を確認」の期間ですので注意してくださいね!

 

 

注意点②:端末を壊さないように注意!

 

端末を壊してしまった場合も違約金が発生してしまうのでご注意を!まあ、これは当然ですよね…

 

 

注意点③:クレジットカードが必要!他にも申し込み条件あり!

 

基本的にTryWiMAXはネットからの申し込みなんですが、この時クレジットカードが必要になります。

 

クレジットカードがない場合(デビットカードの場合も)も申し込みはできますが、書面での申し込みとなります。書面での申し込みは若干面倒なので、やはりクレジットカードの方がおすすめです。

 

また、TryWiMAXには他にも以下のような申し込み条件があるので念のためご注意を!

 

  • 日本在住で20歳以上であること
  • 過去180日間TryWiMAXの利用履歴がないこと

 

ちなみに180日を過ぎていれば、2回目であってもTryWiMAXを利用することができますよ(^^♪

 

 

注意点④:一時的にクレジットカードの支払いがされる

 

TryWiMAX申し込み時に入力したクレジットカードで、一時的に違約金分の支払いがされます。これは万が一端末が返却されなかった時の保険のようなものですね。

 

もちろんきちんと端末を返却すれば、違約金分の支払いは無かったことになります。

 

ですが、一時的にでもクレジットカードの枠を使うことになりますので、カードの使い過ぎには注意しましょう!

 

 

注意点⑤:通信制限がかかっている場合も

 

TryWiMAXではいろんな人に端末を貸し出していますから、以前の利用者の利用状況によっては速度制限がかかっている場合もあります。

 

そして、特に気を付けたいのが、以前の利用者がハイスピードプラスエリアモードと呼ばれる通信モードを利用していた場合ですね。

 

ハイスピードプラスエリアモードとは?

auの4G LTE回線を利用したインターネットの通信方法です。WiMAXのエリア外ではハイスピードプラスエリアモードを使うことでインターネットが使えます。

 

このハイスピードプラスエリアモードを使うと月の通信量の上限が7GBまでになってしまうんです。そして、7GBに達すると128kbpsという超低速の速度制限がかかります。

 

なので例えば、以前の利用者がハイスピードプラスエリアモードを使っていた場合は、7GBの通信量上限には注意しなければなりません。

 

速度制限についてはこちらの記事で解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

参考記事

※BroadWiMAXの速度制限について解説した記事ですが、内容はTryWiMAXでも共通する内容です。

 

 

注意点⑥:とにかくいろんな場所で使ってみること!

 

せっかく15日間のレンタル期間があるんですから、いろんな場所で使わないのはもったいないです。ぜひいろんな場所でWiMAXを使ってみましょう!

 

自宅での使用がメインだとしても、外で使ってみたら意外に繋がらないこともあるかもしれません。

 

いろんな場所でWiMAXを使ってみて、快適に使えるのかを確かめてみることをおすすめします。

 

 

注意点⑦:同梱のチラシや営業電話では契約しない

 

TryWiMAXを申し込むと、いろんな方法でWiMAXの本契約を勧めてきます。

 

  • 端末一式と同梱しているチラシ
  • 営業電話

 

などなど。タダで端末を貸してるわけですから、本契約をしてほしいのは当然ですよね。

 

ですが、チラシや営業電話での契約は、他社プロバイダーと比べてお得感がないんです。

 

TryWiMAXからそのまま本契約をする場合、商品券がもらえたりすることもあります。ですが、他社のキャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンを利用した方が実はお得なんです。

 

なのでチラシや営業電話からWiMAXは契約しないようにしましょう!

 

 

 

TryWiMAXの申し込み手順

ここからはTryWiMAXを申し込む手順を解説していきます。

 

 

①念のため機種の在庫を確認する

TryWiMAXを申し込む前に念のため機種の在庫があるかをこちらで確認しましょう。

 

もし、WIMAXは家でしか使わないのであれば、こちらの置き型タイプのL01/L01sの在庫状況を確認してみてください。

 

 

ただ、おそらくほとんどの人はモバイルタイプの機種をレンタルすることになると思います。

 

その場合、機種はWシリーズかWXシリーズから選ぶことになるんですが、おすすめはWシリーズです。理由はこちら。

 

  • 通信速度が速い
  • 通信が安定している

 

型番は番号が大きい方が最新機種になるので、Wシリーズで番号の大きい最新機種を選ぶようにしましょう!

 

 

この場合だとW05の方が新しい機種ということですね。

 

ちなみにレンタルしたい機種が「在庫なし」になっていたら、午後4時以降の時間帯に申し込んでみてください。午後4時以降なら在庫にも余裕があるみたいです。

 

ただ、それでも在庫がない場合は、一つ前のモデルをレンタルしてもいいでしょう。一つ前のモデルでも通信速度は十分出ます。

 

一つ前のモデルが問題なく使えれば、最新機種はもっと速度が出てより快適に使えるはずです。

 

また、一番肝心なのは繋がるかどうかの確認ですよね。一つ前のモデルでも繋がるかどうかの確認は問題なくできます。

 

 

②ネットから申し込む

 

次にTryWiMAXの公式サイトから申し込みます。

 

先ほどクレジットカードがなくてもTryWiMAXは書面で申し込めると話しました。※ネット申し込みはクレジットカードのみ。

 

ですが書面での申し込みは面倒なので、ネットからの申し込みをおすすめします。

 

 

補足:店舗申し込みは現在は受け付けていません

 

以前は以下の店舗でTryWiMAXの取り扱いをしていました。

 

  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • エディオン

 

ですが現在は取り扱いを中止しています。なので、TryWiMAXの申し込みはウェブから行いましょう!

 

 

 

TryWiMAXの発送~設定、返却の流れ

TryWiMAXの申し込みが完了した後の流れについても解説します。

 

 

①端末はいつ届く?発送から届くまでの日数は?

 

端末が届くまでの日数は配送地域によって異なりますが、早ければ申し込み翌日、遅くても3日程度で届きます。

 

ちなみに14時30分までの申し込み完了で当日発送に対応してくれます。配送業者は佐川急便です。

 

佐川急便では配送日の指定はできませんが、時間帯の指定はできます。日中仕事で受け取れない人は、仕事終わりの時間帯を指定するといいでしょう。

 

 

②使い方は簡単!IDとパスワードを設定するだけ!

 

無事端末を受け取ったらあとは設定をするだけで簡単にWiMAXが使うことができます。

 

端末の画面や裏面にネット接続のためのIDとパスワードが記載されていますので、あとはパソコンやスマホなどでIDやパスワードを入力するだけ。あとは無料期間が終わるまで好きなだけWiMAXが使えます。

 

 

③ゆうパックで端末一式を返却

 

レンタル期間を過ぎる前に以下の端末一式をゆうパックで返却します。

 

  • 端末
  • 説明書
  • ACアダプタ/USBケーブル
  • 返却方法のカード
  • クレードル(セットの場合のみ)

 

最初に端末が届いた時にゆうパックの着払い伝票が入っていますので、こちらの伝票を使って返却します。

 

郵便局やコンビニに荷物を持ち込んでゆうパック発送をしてもいいですし、集荷に来てもらうことも可能です。

 

  • 電話番号:0800-0800-111

※担当の郵便局によって集荷受付の時間が異なります。

 

ちなみに途中でも話したように、15日以内の返却というのは「端末の発送~UQ WiMAXで返却を確認」の期間です。

 

実質的にWiMAX端末が使える期間は10日程度となるので、返却遅れには十分注意しながら端末を返却しましょう!

 

 

※返却遅れの場合はすぐに連絡を!

 

あってはいけませんが、もしも返却が遅れてしまった場合は速やかにUQ WiMAXに連絡を入れましょう!

 

  • UQお客さまセンター:0120-959-001(9~21時、年中無休)

 

本来なら返却期限を過ぎると違約金が発生しますが、速やかに連絡を入れることで割と柔軟に対応してくれるみたいですよ!

 

 

ネット上の口コミを見ても、「返却が遅れたけど違約金は取られなかった」という声を意外と多く見かけます。将来のお客さん候補ということで、そこまで厳しい対応はしてこないんでしょうね。

 

ただ、そうは言ってもずっと端末を返却しなかったりしたら、さすがに違約金は取られるでしょうけどね(^-^;

 

もちろんレンタル期限内に返却するのがベストなので、きちんとレンタル期限には返却するようにしてくださいね。

 

 

 

TryWiMAXについてのその他のQ&A

年末年始にも申し込みできる?

12/29の14時までに申し込み(審査)が完了すれば、12/29に発送されます。14時を過ぎた場合は1/4から順次発送となります。

TryWiMAXの問い合わせ先は?

UQお客さまセンターが問い合わせ先となります。

 

  • 電話番号:0120-959-001(9~21時、年中無休)
TryWiMAXは法人でも申し込める?

法人の場合は法人用のページから申し込むことができます。

 

 

 

まとめ:お得なTryWiMAXをまずは使ってみよう!

 

TryWiMAXについての疑問や不安は解消したでしょうか?

 

TryWiMAXを利用することで、その後のWiMAXの本契約が安心してできます。いきなりWiMAXの本契約が心配な方は、まずはTryWiMAXを試してみてくださいね♪

 

ちなみにTryWiMAXを利用する際は、以下の点にだけご注意を!

 

  • 返却期限を過ぎないように注意する
  • TryWiMAXからそのまま本契約はしない(お得感がないため)

 

TryWiMAXを利用し終わって本契約をする際は、必ずお得なキャンペーンを実施しているプロバイダーを選ぶようにしましょう!

 

ちなみに途中でも解説しましたが、GMOとくとくBBでは20日以内の独自のキャンセル制度も用意されています。

 

ピンポイントエリア判定が○の人だけが対象ですが、該当する人はTryWiMAXを利用しないでGMOとくとくBBを申し込んでもいいかもしれません。この辺はよく検討してみてくださいね。

 

ということでTryWiMAXについてのまとめでした。