BroadWiMAXのクレードルは必要なし?料金以上の価値もない?

BroadWiMAXのクレードルって本当に必要?

 

BroadWiMAXでは契約時にクレードル(充電台)を付けることができます。このクレードルについてはいろいろ気になりますよね。

 

  • そもそもクレードルって何?
  • 付けると何かメリットがあるの?
  • 逆に付けないと何かマズいの?

 

私自身はクレードルが必要なかったので付けませんでした。ただ、クレードルについてよく調べてみると、

 

「なるほど、これならクレードルを付ける価値はあるかも!」

 

そう思えるメリットもありました。

 

ただ、このメリットも感じ方は人それぞれで、人によってはクレードルのメリットに料金以上の価値を感じないかもしれません。

 

結局クレードルを付けるべきかどうかはその人次第なんですが、ではどういった人がクレードルを付けるべきなんでしょうか?

 

今回の記事ではクレードルのメリットを紹介しながら、クレードルを付けるべき人を考えていきますね!

 

 

 

 

BroadWiMAXでクレードルを付ける5つのメリット

まず最初にクレードルを付けることのメリットということで、5つのメリットについて紹介していきます。

 

 

メリット①:置きながら充電できる

 

クレードルがあれば置きながら充電ができます。毎回USBケーブルを差して充電する必要がないので、充電が簡単でいいですよね♪それに見た目にもスマートですし。

 

逆にクレードルがないと、USBケーブルでパソコンなどと繋いで充電する必要があります。

 

 

私はもう慣れてるので何とも思いませんが、人によっては毎回USBケーブルに差すのが面倒に感じるかもしれません(^-^;

 

 

メリット②:有線LAN接続ができる

クレードルにはLANポートが付いていますので、ここからLANケーブルを繋いで有線接続ができます。

 

 

古いパソコンだったり、無線に対応していないテレビなどはLANケーブルを接続しないとネットが使えません。こんな時にクレードルの有線LAN接続が役に立ちます。

 

また、有線LAN接続の方が通信が状態が安定するというメリットもあります。これによって家の中でもストレスなくインターネットが楽しめますね♪

 

 

メリット③:固定回線を無線化できる

ADSLや光回線などの固定回線は有線接続が基本です。しかし、固定回線とクレードルをLAN接続することで、固定回線を無線化することができます。

 

 

「あれ?でもWiMAXを使ってるんだから、固定回線を無線化する必要もなくない?」

 

こう思うかもしれませんが、固定回線の無線化にはWiMAXの通信量を使わないというメリットがあります。

 

通信に利用しているのは固定回線の電波なので、WiMAXの通信量は使わないということなんですね。

 

このメリットが生きてくるのは、例えば

 

  • ライトプラン(7GB)を契約している人
  • ギガ放題プランだけど3日間で10GBの通信量上限が気になる人

 

こういった人ですね。通信量が気になる人は固定回線の無線化を利用して、WiMAXの通信量を抑えてもいいでしょう。

 

 

メリット④:充電忘れを防止できる

 

WiMAXを使っていると充電忘れをしてしまうことが意外とあります。特に私のようにUSBケーブルで充電をしている人は、うっかり忘れてしまうことがあるんですよね(^-^;

 

充電をし忘れると外出中も安心できません…

 

そんな充電忘れを防いでくれる役割もクレードルにはあります。

 

帰宅したらまずは端末をクレードルに置くのを習慣にしてしまえば、充電忘れも防止できますよね♪

 

 

メリット⑤:時計代わりになる

 

端末をクレードルに乗せておけば、端末のディスプレイが常にONになるので時計代わりにもなります。インテリア感覚でクレードルを置き時計のように使えますよ♪

 

 

 

BroadWiMAXでクレードルを付けてる人は多い?実際の口コミは?

ここでは実際にクレードルを使っている人の口コミを紹介しますね。

 

 

実際にクレードルを使っている人は、特に有線接続をしているケースで満足度が高いようです。有線接続をすることで通信が安定するからですね。

 

ただ、ネット上でクレードルの解説をしているサイトを見ていると、「クレードルは後から買えるから必要ない」という声の方が多い印象です。

 

クレードルの購入についてはこの後に解説しますね。

 

 

 

BroadWiMAXのクレードルって料金はいくら?後からでも買える?

 

BroadWiMAXのクレードル料金については以下のようになっています。

 

  • W05:3,500円(税抜)
  • WX05:3,686円(税抜)

 

このように追加料金がかかりますので、これまで紹介してきたクレードルのメリットを考慮しながら、クレードルの申し込みは検討してみてください。

 

ちなみに私の場合はとにかく初期費用を抑えたかったので、クレードルは付けませんでした。そして、とりあえずUSBケーブルで充電はできてるので、今のところ問題はありません。

 

また、仮にクレードルを購入しなかったとしても、後からネット通販で買うことができます。例えばAmazonなんかでもクレードルは売っていますね。

 

 

しかもBroadWiMAX契約時に申し込むクレードルと料金はほとんど変わりません。

 

なので、クレードルを付けるかどうか迷っている人は、とりあえずBroadWiMAX申し込み時はクレードルを付けないで、後から追加で購入するかどうかを検討すればいいと思います。

 

 

 

まとめ:結局BroadWiMAXでクレードルって必要?

 

クレードルについて今回は解説してきましたが、「結局クレードルって必要なの?」と思いますよね。

 

結局クレードルが必要かどうかはその人次第になります。今回紹介した以下のメリットに魅力を感じるなら、クレードルは購入してもいいでしょう。

 

  • 置きながら充電できる
  • 有線LAN接続ができる
  • 固定回線を無線化できる
  • 充電忘れを防止できる
  • 時計代わりになる

 

特に大きなメリットは有線LAN接続ができることで、これによって通信が安定することは大きいですね。

 

ただ、私の場合は有線LANを使う予定もありませんでしたし、充電もUSBケーブルで十分だったので、クレードルは付けませんでした。

 

それにクレードルを付けると当然、追加料金がかかりますからね。

 

もしクレードルを付けるかどうかで迷われてるなら、とりあえず最初はクレードルを付けなくてもいいかなと思います。クレードルは後から購入できますしね。

 

ということでBroadWiMAX契約前の参考にしていただければと思います。