BroadWiMAXのエリアは要確認!使い始めてから後悔しないために!

BroadWiMAXのエリアは要チェック!

 

BroadWiMAXで必ずチェックしておく必要があるのが対応エリアです。せっかくWiMAXを使い始めたのに「繋がらなった…」では困りますよね。

 

私自身、WiMAX契約時にエリアのことで失敗した経験があります。

 

エリア確認を忘れたままプロバイダーや料金プランなどを決め、最後の最後にエリアを確認したところまさかの圏外…

 

こういった失敗を経験したので、エリア確認はまず真っ先にやるべきだなと思いました。

 

あなたには私と同じような経験をしてほしくないので、今回の記事の内容をしっかりとチェックしてくださいね!

 

 

 

 

BroadWiMAXのエリアは狭い?実態を調査!

BroadWiMAXのエリアについて先に結論を言うと、都心部などで利用する分には問題ありませんが、地方になると若干怪しい部分があります。

 

 

例えば東京都近辺のWiMAXエリアはこんな感じになっています。

 

ピンク部分がエリア内なんですが、東京都を離れるとエリア外になっている地域があるのがわかりますよね。別の地域を見てみるとよくわかります。

 

 

こちらは福島県、新潟県あたりのWiMAXエリアですが、エリア外の地域も目立つのがわかりますよね。

 

このように地域によってはエリア外の場所はどうしても出てきてしまうということなんです。

 

ただ、都心部については基本的にWiMAXのエリア内ですし、地方であってもよほど人口が少ない地域でない限りはWiMAXのエリア内となっているようです。

 

BroadWiMAXも他のプロバイダーも、WiMAXのエリアは全て共通になっています。BroadWiMAXだけがエリアが狭いというのはありませんので、ご安心ください。

 

では次に自分のエリアがWiMAXのエリア内なのかを確認する方法について解説していきます。

 

 

 

【簡単】1分でできるBroadWiMAXのエリア確認方法!

では実際にWiMAXのエリアを確認していきましょう!エリアの確認はUQ WiMAXのサービスエリアマップから確認します。

 

 

最初に都道府県の地図が出てきますので、自分の住んでいる都道府県をクリックしましょう。

 

 

するとこのように自分の住んでいるエリアの電波状況が確認できます。地図を移動させたり、拡大・縮小をさせたりもできますよ。

 

ちなみにエリアマップのところで、「WiMAX」「WiMAX2+」「LTE」という項目がありますよね。

 

 

これについては以下のような違いがあります。

 

  • WiMAX … 古いWiMAX回線。現在は縮小傾向にある。
  • WiMAX2+ … 新しいWiMAX回線。エリア拡大に伴い、現在は旧WiMAX回線よりもエリアが広い。
  • LTE … auの4G LTE回線。WiMAXのエリア外でもLTE回線を使ってネットができる。

 

これからWiMAXを契約する人はWiMAX2+のエリアを調べればOKです。

 

また、自分が住んでいる地域のより細かなエリア判定を知りたい場合は、「ピンポイントエリア判定」を利用するといいでしょう。

 

 

ピンポイントエリア判定では、このように住所の直接入力または選択ができるようになっています。自分の住んでいる住所を入力してみましょう!

 

 

住所の入力が終わると、このようにその住所のピンポイントでのエリア判定がわかります。この場合は○判定なのでエリア内ということですね。

 

ちなみにエリア判定は○△×の3段階で判定してくれます。△まではWiMAXも繋がりますが、×になると圏外になってしまうのでご注意を!

 

 

 

 

BroadWiMAXでエリア外の人は諦めるしかない?

 

WiMAXのエリアを確認してみて、自分の住んでいる地域がエリア外だった人もいるかもしれません。こういった人はBroadWiMAXを諦めるしかないのでしょうか?

 

これについてですが、決して諦める必要はありません。というのもBroadWiMAXでは「ハイスピードプラスエリアモード」という通信モードを使うことでインターネットが使えるからです。

 

ハイスピードプラスエリアモードとは?

auの4G LTE回線を利用することでインターネットが使えるようになる通信モードです。ハイスピードプラスエリアモードを利用した月のみ1,004円(税抜)の追加料金がかかりますが、3年契約なら無料になります。

 

このハイスピードプラスエリアモードを利用することで、WiMAXのエリア外でもインターネットを利用することができます。

 

ただ、このハイスピードプラスエリアモードには注意点もありまして、月に7GBまでという通信量の上限が設けられているんです。

 

そして、通信量の上限を超えると月末まで速度制限がかかります。

 

参考記事

 

ただ、7GBの上限があったとしても、実際はほとんどの人が7GBも使いません。むしろ3GBも使っていない人が半数以上というデータもあるくらいですからね。

 

仮にハイスピードプラスエリアモードを使うことになっても、よほど動画を観る人などでない限り速度制限の心配はないでしょう。

 

 

 

エリア内でも心配な方のためにBroadWiMAXではキャンセル制度を用意

 

WiMAXのエリア判定でエリア内だっとしても、心配なことってありますよね。

 

「実際に使ってみて繋がらなかったらどうしよう…」

 

こういった時のためにBroadWiMAXではキャンセル制度が用意されています。端末到着から8日以内なら違約金なしでキャンセルができるありがたい制度です。

 

このキャンセル制度のありがたいところが「8日以内にキャンセルの連絡をすればいい」ということですね。「8日以内に端末を返却する」ではありません。

 

例えば他社プロバイダーのGMOとくとくBBにも同じようなキャンセル制度が用意されていますが、GMOとくとくBBの場合は8日以内に端末の返却を完了させなければなりません。

 

BroadWiMAXの場合、まずは8日以内にキャンセルの連絡をして、端末の返却はそこから7日以内にすればOKです。

 

BroadWiMAXの方が日程的に余裕があるのがわかりますよね♪

 

キャンセル制度についてはこちらで詳しく解説しています

 

 

 

BroadWiMAXのエリアについてのまとめ

 

今回はBroadWiMAXのエリアについて詳しく解説してきました。

 

エリアについてはやはり地域によって差があります。地方だと圏外になる地域も出てきてしまいます。私の地域もそうです…

 

ただ、基本的に都心部ならエリア内であることが多いですし、地方でも人口がそこそこいる地域ならエリア内であるケースが多いようです。

 

とは言っても、いざWiMAXを使ってみたら「繋がらなった…」なんてことが心配ですよね(^-^;

 

そんな時のためにBroadWiMAXでは8日内のキャンセル制度も用意されていると紹介しました。

 

もしもの時も違約金なしで解約ができるありがたい制度なので、いざ繋がらなかった時もこれなら安心ですね♪